赤ちゃんは寝ないものと思ってみましょう

###Site Name###

すやすやと眠るあどけない姿というのが、赤ちゃんのイメージとして定着しているからか、多くの人が赤ちゃんは当然すぐに眠るというように考えているようです。

しかし、実際はそう簡単にいくものではなく、寝てほしい、寝かせたいと思っている時間などには寝ないで、夜泣きをして起きてしまうというようなことがあり、そのイメージとのギャップにストレスを感じてしまう人もなかにはいるのではないでしょうか。

赤ちゃんが夜泣きするという理由の一つに、まだ昼と夜の時間の感覚というのが定着していないということがあげられるとされています。



夜はぐっすり眠って、にこにこ笑う赤ちゃんのイメージを持っていると、夜泣きや寝ないという状態が続くと、疲れが出るのはある意味当然かもしれません。

どうして寝ないのかというように、悩んでしまうのではなく、赤ちゃんは夜寝ないということを念頭に置いておくことで、当然の事態だと割り切ることもでき、不安や心配というものが減少するのではないでしょうか。
夜泣きをして寝ないので、必死に寝かせようとするというのは、とても大変なことでもあります。



逆の発想で、寝てくれないのであれば、ドライブに行って車の心地よい振動で寝てくれるということもあるかもしれません。



また、泣き声がいくら大きくてもまわりに迷惑をかけないということもあります。

とはいえ、夜は寝るときに部屋の電気を消して、しっかりと暗い所で寝かせるなど、睡眠のリズムを作ってあげることが、心地よい入眠ができるポイントになります。